2018年02月20日

妙心寺退蔵院

妙心寺退蔵院
0401.jpg
所在地:京都市右京区花園妙心寺町
墨書き:余香苑 妙心寺山内 退蔵院
御朱印:国宝瓢鮎図 名勝史蹟元信の庭 名庭余香苑 法山退蔵院
宗派:臨済宗妙心寺派

妙心寺の塔頭、退蔵院の御朱印を追加しました。こちらも通年公開されている数少ない塔頭の1つです。見所が非常に多くて困ってしまうぐらいです。
まず退蔵院は水墨画の代表作の1つ、国宝「瓢鮎図」を所蔵しています。ひょうたんでナマズを捕まえるにはどうすればよいか、という禅の公案(なぞかけ)を絵画にしたものです。描いたのは画僧、如拙。はっきりと如拙とされる作品は2点しか残っておらず、もう1点は京都国立博物館にある王羲之書扇図です。子供の頃見たかも!です。
御朱印に押印されているとおりに紹介を続けます。枯山水の庭園「元信の庭」は名勝に指定されています。たくさんの庭石と主に丸く刈り込まれた庭木が組み合わさってできている庭です。狩野派の絵師が作庭した珍しい例です。水が滝に流れ落ちてから、大海に注ぐまでを表現しているそうですが、本当にそう見えるのがすごいです。絵心爆発といった感じです。
余香苑は昭和に作られた新しい庭です。季節毎に様々な花が咲き誇ります。私のオススメはアジサイです。もちろん紅葉の時期も大変きれいです。この庭の作者は中根金作で、足立美術館庭園の作者でもあります。絶対にいつか行きたい足立美術館なのです!
どうでもいいのですが、御朱印の「年」の文字だけすごく崩して書いてあります。なにか意味があるのでは?と勘ぐってしまいます。とにかく連続で申し訳ないですが、すごくオススメですので、是非ご参拝ください!


posted by ぽむ at 21:00| 京都 | Comment(0) | 京都市右京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください