2018年02月23日

妙心寺天球院

妙心寺天球院
0407.jpg
所在地:京都市右京区花園妙心寺町
墨書き:釋迦如来 花園 天球院
御朱印:京都花園 天球院
宗派:臨済宗妙心寺派

妙心寺塔頭、天球院の御朱印を追加しました。これまでの塔頭とずいぶん離れた場所にあり、境内の北西端にあります。天球院も普段は非公開なので、特別拝観の際はぜひぜひ御参拝ください。
天球院は、岡山藩藩主・池田光政(閑谷学校を作った人です)が、大伯母天球院(そのものずばりのお名前)のため建立したお寺です。1631年のことなので、妙心寺の中では新しいお寺です。天球院は狩野山楽、山雪父子の絵があることで非常に有名です。襖絵や杉戸絵など総計152面と大量の絵が残されています。お寺には珍しい輝きを放つ金碧画で、豪華絢爛です。絵の題材は「竹虎図」「梅の遊禽図」などで、狩野派全開の仕上がりです。本物は京都国立博物館で見ることができます。
御朱印の、特に真ん中の墨書き「釋迦如来」ですが、薄いです。御朱印仲間がいるわけではないのでわからないのですが、私はこれを薄墨と呼んでいます。たまに薄すぎる場合もありますが、適度な薄墨は風合いがあっていいものです。一方で、たっぷり墨をつけて豪快に書かれるのもよいものです(→例:高台寺)。要するに、しっかり思いを込めて書いてくださったらそれが一番有難いのです。マジックは止めてね(笑)!
妙心寺シリーズまだ続きます!


posted by ぽむ at 21:09| 京都 | Comment(0) | 京都市右京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください