2019年03月06日

金戒光明寺@京都市左京区 御朱印④

金戒光明寺
1125.jpg
所在地:京都市左京区黒谷町
墨書き:南無阿彌陀佛 白河金戒光明寺
御朱印:洛陽第二十五番 善光寺三十三番 白河禪房大本山黒谷印
宗派:浄土宗
札所:洛陽四十八願所・25番
   善光寺四十八願所・33番

金戒光明寺本当にラストの御朱印です。御朱印ファンとしてすごくワクワクします。右上の印に「洛陽第二十五番 善光寺三十三番」とあります。普通は「洛陽第二十五番」と書かれていたら洛陽三十三所観音霊場のことですが、金戒光明寺は洛陽三十三所観音霊場・6番なので違います。

ここでの「洛陽」は洛陽四十八願所で現在活動中の霊場ではありません。またもう1つの「善光寺三十三番」は善光寺四十八願所とのことで、こちらも現在活動中の霊場ではありません。しかし現在活動していない霊場であっても、ここのお寺が札所印を所有されていることがあり、拝受できた時は感激します!
posted by ぽむ at 11:48| 京都 | Comment(0) | 京都市左京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

金戒光明寺@京都市左京区 御朱印③

金戒光明寺
1124.jpg
所在地:京都市左京区黒谷町
墨書き:吉備観音 くろ谷金戒光明寺
御朱印:洛陽第六番 吉田寺 白河禪房大本山黒谷印
宗派:浄土宗
札所:洛陽三十三所観音霊場・6番

再び参拝しました金戒光明寺の御朱印です。1年弱ぶりの参拝となりました。もう一度参拝して、拝受できていなかった御朱印を追加で頂戴することはめったにないのですが、金戒光明寺はとってもすてきだったので!

墨書きは札所本尊の「吉備観音」です。遣唐使吉備真備ゆかりの観音像で重要文化財です。御朱印をよーく見ると、真ん中に吉田寺と書かれています。「吉備観音」は元々吉田寺というお寺の本尊でしたが、廃寺になり金戒光明寺に移されました。洛陽七観音の1つとされています。御朱印頂戴してよかった!
posted by ぽむ at 17:46| 京都 ☁| Comment(0) | 京都市左京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公安院@京都市左京区 御朱印

公安院
1123.jpg
所在地:京都市左京区岡崎東福ノ川町
墨書き:不動山 公安院
御朱印:不動山公安院之印
宗派:浄土宗

名前がお寺に思えないランキング上位に食い込む公安院の御朱印です。黒谷さんのすぐそばにあります。ちなみに同ランキング1位は、名古屋の「大学院」です。参拝済みなのでいつかは紹介できます(笑) 奇しくも大学院と山号が同じで不動山です。境内にももちろん不動堂があります。

尾張藩初代藩主である徳川義直の母、お亀の方の菩提寺です。全く観光寺院ではなく、御朱印を拝受している人もネット情報から判断するに少ないです。毎月28日にあるお不動さんの法要のときに地元の方が集まられます。私はポリシーとして、勧められない限りは本堂内も参拝しないし、法要も参加しません。あくまでも外部の者なので深入りはしないようにしております。
posted by ぽむ at 11:58| 京都 ☀| Comment(0) | 京都市左京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

金戒光明寺西雲院@京都市左京区 御朱印

金戒光明寺西雲院
1065.jpg
所在地:京都市左京区黒谷町
墨書き:紫雲石萬日寺 黒谷西雲院
御朱印:専修念佛発生之地 紫雲石萬日寺西雲院
宗派:浄土宗

昨日はブログの緊急メンテナンスに驚きましたが、無事復活しました。

金戒光明寺で御朱印がもらえる塔頭はこの西雲院です。通称、紫雲石といいますが、石の名前が通称のお寺はここぐらいのものです。一昨日「金戒光明寺」の項で紹介しましたが、法然上人が石に腰掛けていると紫色の雲が立ち上がるのを見たという伝説があります。この腰掛けていた石が紫雲石です!

紫雲石を譲り受けた宗厳という僧が建立したのが西雲院であり、通称紫雲石となりました。一心不乱に念仏を唱える念仏惣回向の道場となり、「専修念佛発生之地」となったわけです。黒谷山の北東外れにある西雲院の門前には、今も紫雲石があります。
posted by ぽむ at 11:48| 京都 ☀| Comment(0) | 京都市左京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

金戒光明寺常光院@京都市左京区 御朱印

金戒光明寺常光院
1064.jpg
所在地:京都市左京区黒谷町
墨書き:慈無量 八はしでら 常光院
御朱印:八橋検校菩提寺 紫雲山八はし寺常光院
宗派:浄土宗

金戒光明寺の塔頭、常光院の御朱印です。近年は特別公開への参加が目立ちます。八はし寺の通称で知られています。その由来は、八橋検校の菩提寺だからです。お菓子の八橋と直接は関係ないですが、お菓子の八橋の由来が、この三味線・箏の名手八橋検校です。

境内は新しい感じで、観光寺院というわけではありませんが、広く誰にでも開放されている感じがします。金戒光明寺の中でも最南にあり、三門が横手からよく見えます。金戒光明寺の塔頭は御朱印が拝受できるものが少ないので、貴重な御朱印になります。
posted by ぽむ at 17:47| 京都 ☁| Comment(0) | 京都市左京区 御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする